あたしは株初心者で其の増田足なる株価チャートにミセラレテ

ナンダカンダ言ってもあたしのよーな株初心者が、トレ~ドでメシを喰うにゃ株価チャートを使っての独自の戦略をアミダサニャ~、やっぱむつかし。
いったい株初心者がだよ、「株価チャート」がドノ程度ヤクダツものなのかは各御仁の懐柔といった風情であろうけんど、我輩が思ふにはスグれた道具に出会うかどうか?てのと、所謂「気づき」が舞い降りるか否か~といったトコロであろう。
その意味では其の増田足、我輩にとってはミリョクあるもんとして映ったのは言うまでもなき。その醍醐味をもってして、ソノ独特の発想から来る未来足なんぞは、なかなかどうして優れものであ~る。

6色分布なんかもコレマタ、ユニ~クこの上ないのと、225銘柄総ての状況などがヒトメでわかるなんてのは大したソフトであるかもしれない。
もちのろん、株価チャートとしての機能そのものも豊富かつ独自性あふれてる気がしないでもなく、コレは使える、という印象から我輩も出発してる。
ちょい魅せられてしまっているがさて実践でどんくらいリエキを出せるんかはこれから3ヶ月~半年程度の実践検証を要するぞい。株価チャートの検証は通例は過去足でやるモンだけんど、まぁここまで精度がよいのであれば慎重に実際の相場で試すんも悪くない。
アンビリーバボーの結果に導かれるかは密かに期待っ!

広告

株初心者のオンケイ

トウゼンながら、株初心者の恩恵だってあらぁさ。ダイタイがだ、スウジの羅列をじぃぃっと眺めて~、よすぃ、カイだ、ウリだ、とやるのはこりゃぁシンドイハナシであって、やっぱし株価チャートのその図を観ての判断のほぅがめっさベンリであることは言うまでも無く、パッと思いつくんはまんず、そ~した図の視覚効果が高い、というのが株初心者の大き~なメリットだんべなぁ。

してもって、ロ~ソク足を描いたその図形なんぞは主戦場を戦い抜くトレ~ド戦士たちのココロヅヨイ味方だし。サラニ、そのウエにMAなんて乗っかってきた日にゃ、鬼に金棒、百戦危うからず!てなもんで、そーした「功罪」の「功」の部分は株価チャートの特筆すべきテンであろうぞい。

いやだからといって、オンケイばかりじゃありゃしまへんが、ただよぅく考えるとアレか、株価チャートのせいでマケるんではなしに、もしかして当人のトレード・スキルのせいか?ぶはははは、そうだソウダ。じつは~カンタンなこって、トレーダーのココロのモンダイってのが負け戦のオオキナ理由であろう。いやはや、株価チャートのせいにすっとこだったのう。げははは。

株初心者にとっては、株価チャートてのはナンダカンダいって道具であって、それを使う棟梁の腕次第つーのが正しい観測であろうことは、いや、誰だってジツのところ判ってるんかもしれんけどのぉ。あぁ、オクマンチョウジャになるんは、道のりがトオイと言わざるを得ん。

株初心者はもーアテにならない?

さりげなく株初心者にとっての株価チャートってアテにならないかも?と思ひつつあるんだけど、そうは言ってもオンケイに預かってることだけはタシカだし、トクニ株初心者のくせにどうのこうのと文句をつける気などもサラサラないわけであって、シカモ拙者はひじょ~に文がヘタッピでもあり、ただココサイキン、ドカンとやられて落ち込んでる風味な自己をナグサメヨうと認めるだけのハナシでいやモウシワケナイ。

あのレイの3・11だよ、キッカケはね。そのマエからフシギにも何度か負けが続いたのんで株価チャートをじっと見直し、いやソレホドおかしくはない、連敗が続けば次は連勝のタイミングが来るはず、と思い直し、しかも!震災が来てからはニッケイヘイキンとは違い、ドッチかへ株価チャートがウソのように動くこともなかったんで、ええいままよと手動でENTRYなんぞ頻発してたのもいけなかった。

キタ。3・17でアル。朝起きるや、株価チャートを見て超タマゲル!びっくらこいた!えぇぇぇ、76円台!?ありえん。。。しかもLONGで80円台で入ってるし…。信じられなかった。アンビリーバボーだぞい。株価チャートってナンチュー値動きすることがあんのか、セッカクこつこつと積み上げたリエキが一晩で吹っ飛んだ~。

まぁジンセイってこーゆーもんなのね。すっからかんどころか、追証まで発生したっつーの!そんなこんなで株価チャートのこと、アテにできない旨を書こうとも思ったけんど、ちょびっと整理して、レイレイになって書いてみっか、と思い直したりもして、まぁ自己満のワールドであっけど、むしゃくしゃしてならん~てことでゴカンベンをば。